融資に特化した金融機関であるノンバンク

お金を借りようと情報を集めている中で、ノンバンクという用語を見かけることがあります。 そして、この用語はどういう意味なのかと疑問を持つ方は多いでしょう。 これは、金融機関の分類のうちの1つです。 non-bank、つまり銀行ではないという意味の言葉であり、銀行以外の金融機関のことを指します。 具体的には、消費者金融会社や事業者金融会社、信販会社や不動産金融専門会社などのことです。 信用金庫や信用組合、労働金庫は含まれません。 ノンバンク系に属する金融機関には、融資業務だけに特化して業務を行っているという特徴があります。 銀行で行われている預金業務や為替業務は行われていません。 また、銀行は金融庁の認可を受けて銀行法に従い業務を行っていますが、ノンバンクの場合は内閣総理大臣か都道府県知事に届け出て貸金業法に従って業務を行っていることも特徴です。 貸金業法に従って業務を行う場合、総量規制の対象内となり、年収の3分の1までが融資の限度額となります。 つまり、返済能力を超えた借り入れができないようになっているので、安全に借り入れが行えるということです。 それから、一般に、審査にかかる時間が短くて、融資に至るまでのスピードが速いことも特徴として挙げられます。 具体的なスピードは業者によってまちまちですが、最短30分で審査が終了し、その時点から借り入れが行える業者もあるのです。 そのため、突発的にお金を用意しなくてはならなくなった人々に、多く利用されています。

アルバイトもお金が必要な時がある。緊急事態にはキャッシングを使おう

アルバイトをしている人は簡単にお金借りたいと思ってもお金を借りることができないと、思っている方もいるかもしれせん。 しかしそれは違います。 キャッシングは可能なのです。 昔は門前払いということもあったそうですが、今は派遣社員が増えてきたため少なくなってきました。 しかし一定の収入がないとだめなので、短期アルバイトをしている人は注意が必要です。 派遣社員も同じことが言えます。 もちろん安定している正社員よりは、不利なことは間違いありません。 どうしてもお金が必要なときに、うまく借りることができるのでしょうか。 いくつかポイントがあります。 まず一定の収入があることです。 毎月決まった給料がもらえるのであれば、審査に通りやすくなります。 また社会保険や組合保険に加入している場合は、正社員扱いとなり通りやすくなるようです。 国民健康保険だと不利になってしまうそうです。 色々な会社へのキャッシング申し込みは、絶対にやってはいけません。 なぜならば申し込んでいる人はどれか一つでも通ればと良いと思って申し込んでいることが多いようですが、信用情報に載ってしまい審査に落ちてしまうことが多いです。 一つの会社に絞って申し込みをした方が、審査に通りやすくなる可能性が高くなります。 クレジットヒステリーがしっかりしている人も、通りやすくなるそうです。 クレジットヒステリーとはクレジットカードの料金を、滞納しているかいないかの記録です。 キャッシング業界では新たにお金を借りるより、過去にお金を借りた経験がある方が高く評価されます。 これらのポイントを押さえればアルバイトでも、審査に通る可能性が高くなるでしょう。